外国人技能実習制度への取り組み

制度を通じた国際貢献を目指します。

よくあるご質問

技能実習生の言葉(日本語)は大丈夫ですか?

挨拶や簡単な日常会話には問題のないように入国前の約3ヵ月と入国後の1ヶ月で日本語教育を行い、配属から困ら無いように教育を行いますが個人差がありますので、配属先で実習生とのコミュニケーションを図って頂くことにより、 双方の理解も深まって行くと思われます。


技能実習生は社会保険・労働保険の加入の加入は必要ですか?

技能実習生の保険の加入は入管法及び労働基準法によって定められているため加入が必要です。


外国人技能実習生を受け入れて変わることは何ですか?

日本の高い技術を必要としている国々の発展の為、外国人技能実習生制度を活用した国際貢献が出来ること。また意欲盛んな実習生と共に仕事する中で、社内の活性化にも繋がると考えられます。


外国人技能実習生が病気になった場合のサポートはありますか?

当組合スタッフと母国通訳がサポートします。社会保険が適用されます。


外国人技能実習生制度はどんな職種でも受け入れ可能ですか?

技能実習生受け入れ可能対象職種のみ認められています。詳細についてはこちらを参照してください。


事前に会社で準備することはありますか?

1.各種保険への加入手続き
2.生活指導員を配置する(技能実習生の指導)
3.技能実習指導員を配置する(技能実習生が実習する職種の5年以上の経験者)
4.宿舎(電気・ガス・水道・シャワー付)の準備、自炊用品(食器・調理器具)の準備、寝具の準備

などが必要です。

資料請求・お問い合わせ

メールフォーム
ml>